ブログトップ

~Angelville~光のさす方へ~

angelville.exblog.jp

ロサンゼルスの片隅から愛をこめて☆毎日楽しいこと探してまっす♪

3月IH練習会にて@産まれ変わり(直し)のセッション(デモ)その壱


昨年11月にIH(インテグレート・ヒーリング)のプラクティショナーになり
もっと練習の場を!
・・・と、いう声に合わせて
2013年の1月からIHの大先輩であるIZUMIちゃんが練習会をオーガナイズしてくれるようになった。
 




早いもので今回で3回目の練習会。
毎回練習会が楽しみだなんて
若い頃、学校が楽しみだったのは給食と弁当だけだ。
勉強(練習)することが楽しいことだなんて
本当に私はイイモノに巡りあった幸せ者だ・・・と感じる。


☆☆☆☆☆☆☆



さて、今回の趣向は
いつもと少し変わっていて
①最初に水分チェックの復習からオラクルカード選び。
②参加者の中からデモに最適な人を選んで
 IZUMIちゃんがセッションをして、それをみんなで見学
③各々セッションの練習


↑こんなラインナップだった。



①が終って
②に行くときにIZUMIちゃんが

「今日デモセッション受けたい人ー?」
と、言った。




IZUMIちゃんのセッション受けたくない人なんかいるもんかw



全員挙手w爆



癒しのキネシの時同様、
それぞれIZUMIちゃんに向かって腕を差し出し


「私がデモに最適ですー!」

と、言いながら反射をとってもらうんだけど
そうすんなりと腕は落ちない。
潜在意識は誤魔化せない。
デモは一人しか選ばれないから
一人をのぞいてその他大勢は撃沈するわけだww








今回選ばれたのは「のぞみちゃん」


d0286631_16241077.jpg





彼女とは2012年9月のIH(Integrated Healing)のデモで初めて出会った。
具合が悪かった上に、激人見知りな私は
一番後ろの席に陣取っていた。
前に行こうか?行くまいか?(行けよw)モゾモゾしているときに



「ごんさん?
まだオラクルカードやってませんよね?
私がやりましょうか?」






・・・と、優しく声をかけてくれたのがノゾミちゃん。






反射を取る真剣な眼差しや
優しい物言い・・・などなど本当に素晴らしいと思った。
デモのIZUMIちゃんや
ASAMIさんの進行力も素晴らしかったけど
私がその後のIHの講習に参加する理由の一つに
彼女(のぞみちゃん)から受けた優しさがあったことは言うまでもない。






そんな彼女と再会したのはIH(インテグレート・ヒーリング)の講習会でだった。
既にIH(Integrated Healing)のプラクティショナーだとばかり思っていたので
初受講だと聞いたときには驚いたと同時に嬉しくもあった。






彼女はIZUMIちゃんやASAMIさん同様、
本間キネシでも勉強しているらしく
あのデモの日は食物検査が出来るキネシオロジストとして借り出されたらしい。
(なるほど納得)







彼女には9月のデモの時の輝きがなく疲れてみえた。
ただただ疲れているのではなく、
表情も哀しげで疲労困憊という感じだった。








忘れられないのは「魂の統合」の授業の時のこと。
私はのぞみちゃんと組んだ。


私のセッションは手際よく終らせてくれて
さぁいざノゾミちゃんの番になると、
のぞみちゃんの体は(腕は)ガッチガチになってしまった。




反射が取れない。
体がオフってる。




IHって何?美味しいの?
・・・そんな状態の超初心者な私には
ガッチガチの彼女の反射を取る術もなく、
マッサージテーブルに寝ているノゾミちゃんの手をただたださすることだけ。。。。




インフォメーションで
アファメーションブックより


「もっとワガママいっていいんだよ」



と、いう文章が選ばれたけど
虚ろな目をして
天井を見つめながら瞬きもせずに坦々と




「ワガママなんて言った事ない。
ワガママって何だかわからない・・・・」





私はもうこの時点で半泣き。
セッションはわけがわからないから結構どうでもよくて(をいこら)
ただただ抱きしめてあげたい衝動に駆られた。
でも当の本人はそれが然したることではないかのように天井を見つめ続けてる。




魂の統合率0%以下。
%を確認すると、彼女の腕の筋肉は更にふにゃふにゃになり
ささえていることも出来なくなってしまった。





ほんとに・・・
何も出来ない状態になってしまった。
そしてフリージング。
唇の色まで変わってきてしまった。





どんどん他のカップルが練習を終えて休憩に入る中
フリージング、ブロッキングでなかなか先に進まない私達のセッション。





最後には
「急げ!急げ!」
と急かす(爆)マチルダ女史の声にノゾミちゃんは怯え出した。






私は幸い英語がよくわからないw
急かされてることもマチルダ先生が言ってることも気にならない。






「いいよ!
うちら初心者なんだし時間かけてゆっくりやろうよ!」




と、ノゾミちゃんに言っても



「いいの。いいの。
彼女(マチルダ女史)怒ってるもん。いいの」






と、練習とはいえ、
IHのセッションを途中で切り上げたという・・・私の中である意味忘れられない出来事が心に残っている。






彼女は忙しくて疲れていたという。
それだけだろうか?
IHでも何でもいいから彼女が癒されますように・・・
そう願わずにはいられないまま
IH(インテグレート・ヒーリング)の講習は終った。





☆☆☆☆☆☆☆





私の中ではいつも寂し気な、虚ろな彼女。
IHの練習会で彼女が笑ってる顔を見るだけでちょっとだけホッとする、そして嬉しい。








この日デモセッションに選ばれたのがそのノゾミちゃん。






何だかとてつもなくすごいセッションが見られるような・・・?




そんな予感。







[PR]
by gon-reiki-ihkines | 2013-04-01 16:34 | IHIntegratedHealing